書評

ゼロ – なにもない自分に小さなイチを足していく – 天才も小さな積み重ねでできている

こんにちは、もりです!

堀江貴文さんの著書「ゼロ―――なにもない自分に小さなイチを足していく」を友人から勧められたので読んでみました。

もり
もり
おぉ!これはブログにもあてはまるぞ!

って感じたので、もりが印象に残った箇所をいくつかピックアップして紹介していきたいと思います!

▼その本がこちらです▼

ゼロの自分にイチを足す

誰もが最初は「ゼロ」からスタートする、そこに「イチ」を足していこうというテーマです。

堀江さんは、ヒッチハイクやコンピュータのアルバイトで少しずつ「やるじゃん、オレ!」と自分の価値を実感して、小さな「イチ」をコツコツ積み重ねていったそうです。

「ゼロ」をどうやって「イチ」にするか?

最初の「イチ」を作ること、最初の一歩を踏み出すことって、誰でも勇気がいりますよね。

でも、これも簡単です。

堀江さんいわく、

信用のゼロからイチは、まず自分で自分を信じるところから始まる

最初の「イチ」は自分自身で生み出すことができるのです。

積み重ねた「イチ」の先に見えてくるもの

何らかの本を読んだり、セミナーに足を運んで勉強することは大切ですよね。

これからの時代は、一つのスキルではなく、IT×英語のような「スキルの掛け算」が大事、とも言われています。

でも、この書籍で書かれていることは、

掛け算を覚える前に足し算を覚えよう。

 

知識やテクニックを覚えるのは、最初の「イチ」を積み重ねたあとのこと。何もない状態で掛け算をしても、何者にもならないということです。

 

ブログでもイチが大事

最近は、ブログ・ライティングに関する書籍がたくさん発売されています。

たとえば、「これを読めばスキルが2倍になる」という本があるとします。

zero3

 

まだ何も行動してないゼロの人は、いくら本を読んでもスキルアップしません。0に何をかけてもゼロのままだからです。

zero1

 

でも、すでに最初の1を持っている人なら、掛け算でスキルアップできます。

zero2

 

掛け算をする前に、まずは足し算!自分自身に「イチ」を足していくことが大切ですね。

成長のサイクルに突入しよう

人が前に進むには、3つのステップがあるとのことです。

  1. 挑戦 リスクを選び、最初の一歩を踏み出す勇気
  2. 努力 ゼロからイチへの地道な足し算
  3. 成功 足し算の完了

このステップを踏むことで小さな成功体験が得られる。小さな成功体験を積み重ねていった先に、成長がある(中略)挑戦と成功の間をつなぐ架け橋は努力しかない

もしも、その挑戦が失敗に終わったとしても、努力は消えません。自分の中で足し算した「イチ」は、自分の糧になります。

まとめ:ブログにあてはめると

ポイントはこの2つです

  1. 小さな成功体験
  2. ゼロからイチへの地道な足し算

①小さな成功体験

たとえば、ブログでExcelに関する記事を書いた場合、Twitter上で「便利ですね!」「役に立ったよ!」なんて声をもらえたら嬉しいですよね。

ブログ全体のPVは少なくても、たった一人でも、自分の記事に反応してくれる人がいれば、立派な成功体験です!

どんどん積み重ねていきましょう!

②ゼロからイチへの地道な足し算

これは「ブログの更新」に尽きますね!

ただ記事を量産すればいいわけではなく、読者の反応を確認しながら、あーでもない、こーでもない、と地道に書き続けることが、遠くへいく、ただ一つの方法なんだと思います。

編集後記

モリ
モリ
ホリエモンってあんま良い印象なかったから、この本、友達の勧めがなきゃ読んでなかったぞ
もり
もり
たしかに、ホリエモンの印象変わったな~
「生粋の天才」だと思ってたけど、元をたどれば私たち普通の人と変わらないんだな、ってわかったよ
モリ
モリ
そうだな、ホリエモンも小さな「イチ」の積み重ねでできてるんだな
もり
もり
私もコツコツ、ブログ書くよ

 

この記事では、書籍の一部分しか紹介していませんが、堀江さんのような「天才・大物」と認知されている人でも、元をたどれば私たち普通の人と何ら変わらないのです。

幼少期からのストーリーも書いてあるので、興味のある方はぜひ読んでみてください!

2019年3月時点・700件のカスタマーレビューでの良書ですよ

ノンプログラマーがプログラミングを学ぶ理由

ノンプログラマーがプログラミングを使えるようになると、「仕事の幅」が広がります。

日常生活にたとえると「車の運転」のイメージです。

多くの人は、大人になると自動車教習所に通って、運転の練習をしますね。F1レーサーやタクシードライバーなどの「プロ」になるわけではないのに。

車の運転ができれば、遠いところへ、速く・ラクに移動できて「生活の幅」が広がるからです。

プログラミングができるようになれば、今の仕事を速く・ラクに片づけて、「仕事の幅」を広げることができます。

「プロ」を目指す必要はありません。今の仕事をより豊かにするための「手段」、それがプログラミングです。

1週間オンライン無料体験あり
全国6教室で無料体験会