Google Apps Script

【GAS】Googleドライブでファイルが追加されている全てのフォルダを取得する

Googleドライブでは、「1つのファイル」を「複数のフォルダ」に追加(配置)することができます。

gas-file-folder5-2

フォルダ1,2,3の中にある「テストファイル」は、コピーでもショートカットでもなく、すべて同一のファイルです。

そのため、フォルダ3で「テストファイル」を削除すると、フォルダ1,2の中からも「テストファイル」は消えます。

(普段Windowsしか使ってないと、この概念はビックリですよね)

 

Googleドライブ上で、ファイルが追加(配置)されているフォルダの一覧を確認することができます。

対象のファイルを選択し、画面右上の「詳細を表示」をクリックします。「パス」に表示されているフォルダ名が、そのファイルが追加されているフォルダです。

gas-file-folder7

この記事では、GASを使って、スプレッドシートが追加(配置)されている全てのフォルダを取得する方法を紹介します。

スプレッドシートが追加されている全てのフォルダを取得する

ここでは、「スプレッドシート」が追加されている全てのフォルダの、

  • フォルダID
  • フォルダ名

を取得するスクリプトを紹介します。

 

実行結果です。3つのフォルダの「フォルダID」と「フォルダ名」を取得できました。

(参考)ファイルをフォルダに追加する方法

「フォルダ1」の中にある「テストファイル」を「フォルダ2」に追加する方法です。

gas-file-folder6

 

まず、対象のファイルを選択して、[Shift] +[Z] を押します。

gas-file-folder1

 

追加したいフォルダ(ここではフォルダ2)を選択して、「追加」をクリックします。

gas-file-folder2

 

フォルダ2を開くと、「テストファイル」が追加されているのが確認できます。

gas-file-folder4

 

以上です!

2020年・小学校でプログラミング教育が必修化

2020年、いよいよ小学校でプログラミング授業が始まります。続く2021年からは「中学校」で開始。2022年からは「高校」でも導入されます。

あと何年かしたら、あたりまえにプログラミングを使いこなす新入社員が入ってくるかもしれません。2020年、大人も一緒に学んでみませんか?

1週間のオンライン無料体験
いつでもどこでも今すぐ視聴OK