PHP/Laravel

【Laravel】マイグレーションのロールバックをしてみた

Laravelでテーブルを作ったけど、

モリ
モリ
あっ、ヤベっ!間違えた

ってこと、ありませんか?

カラムも定義も全然違うから一から作り直そう、という訳で、一つ前のMigration操作を元に戻す「ロールバック」をやってみました。

たぶん、本当は、テーブル定義を修正するマイグレーションファイルを作成して実行するのが筋?かもしれない。

一つ前のMigrationを元に戻す

現在のテーブル一覧がこちら。itemsテーブルを削除したいです。

 

migrationsテーブルの中身がこちら。2018_12_15_211213_create_items_tableを巻き戻すことでitemsテーブルを消します。

 

ロールバックすると、マイグレーションファイルのdownメソッドが実行されます。

ロールバック実行コマンド

ロールバック実行結果

itemsテーブルが消えました。

 

migrationsテーブルの中身をみてみます。

 

マイグレーションのステータスを確認。

 

もう一度テーブルを作り直す

これでLaravelでは2018_12_15_211213_create_items_tableは無いものとされている(作成されたばかりとおなじ状態)なので、このファイルに新たなitemsテーブルの定義を書き込み、再度マイグレーションすればOK!

 

再度マイグレーションのステータスを確認します。

新しい定義のitemsテーブルが無事に作成されました。

非エンジニアもプログラミングを学習する時代!

「プログラミング」ってエンジニアとかプログラマーの人がするものでしょ?文系の私には関係ないや~って思っていませんか?

いまは、非エンジニアもプログラミングを学習する時代です!

「プログラミングの必修化」をご存知ですか?

  • 2020年~ 小学校で開始
  • 2021年~ 中学校で開始
  • 2022年~ 高等学校で開始
  • 2024年~ 高校受験科目に新設

学校での必修化に向けて、すでに子ども向けプログラミングスクールが多数開校されています。

あと数年もすれば、あたりまえにプログラミングができる新入社員がやってくる時代になります。

プログラミングってなに?どんなもの?まずは無料体験から試してみませんか?

 

1週間の無料体験あり!
オンラインスクール実績No.1!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です