VBA

【ExcelVBA】複数のCSVファイルを一括でExcelファイルに変換する

vbacsvtoexcel
ねぇもりさん、システムから出力したCSVファイルが大量にあるんだ、
まとめてExcelに変換できる方法ないかなぁ~?
もりさん
もりさん
それは大変だ~。一括で変換するマクロを作っちゃおう

CSV形式のファイルを加工するために、Excel形式に変換して作業をすることってありますよね。

1つ2つならまだしも・・・たくさんあったらイヤですよね。マクロを紹介します。

複数のCSVファイルを、一括でExcel形式に変換できるマクロを紹介します。

元データのCSVファイルと同じ階層に、Excelファイルを作成します。

csvtoexcel1

CSVファイルをExcelに変換するマクロ

参照設定

Microsoft Scripting Runtimeを使用します。

csvtoexcel3

コード

標準モジュールに貼り付けて使用してください。

マクロの使い方

上記のマクロを実行すると「ファイルを開く」ダイアログが出現します。

  1. 変換元のCSVファイルを選択
    ※複数ファイルをまとめて選択可能(Ctrlキー or Shiftキーを使用)
  2. 「開く」を押す
csvtoexcel2

あとは処理を待つだけ!CSVファイルと同じ階層に、Excelが作成されていますよ。

一度ツールを作ってしまえば、半永久的に使いまわせます。退屈な作業はどんどんマクロ化していきましょう!

非エンジニアもプログラミングを学習する時代!

「プログラミング」ってエンジニアとかプログラマーの人がするものでしょ?文系の私には関係ないや~って思っていませんか?

いまは、非エンジニアもプログラミングを学習する時代です!

「プログラミングの必修化」をご存知ですか?

  • 2020年~ 小学校で開始
  • 2021年~ 中学校で開始
  • 2022年~ 高等学校で開始
  • 2024年~ 高校受験科目に新設

学校での必修化に向けて、すでに子ども向けプログラミングスクールが多数開校されています。

あと数年もすれば、あたりまえにプログラミングができる新入社員がやってくる時代になります。

プログラミングってなに?どんなもの?まずは無料体験から試してみませんか?

 

1週間の無料体験あり!
オンラインスクール実績No.1!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です