プログラミング

AWSCloud9の便利設定!スペースの表示・フォントサイズ・インデントのスペース数

AWSCloud9サムネイル

AWSCloud9のテキストエディタの便利設定を3つ紹介します!

  1. スペースや改行コードなどの非表示文字を表示させる
  2. フォントサイズを変更する
  3. タブでインデントしたときに挿入される半角スペース数を変更する

スペースや改行コードなどを表示させる・フォントサイズを変更する

サンプルのhtmlファイルがあります。

 

「スペース」や「改行コード」などを、目に見えるように表示する設定です。

右下の歯車のアイコンをクリックします。

[Show Invisibles]にチェックを入れる→非表示の文字が表示されます

[Font Size]→文字の大きさを変更できます。

 

設定結果がこちらです。スペースと改行コードが見えるようになりました。

8行目を見ると・・・

おーっと危ない!全角スペースが入っちゃってますね。

半角スペース・全角スペースの見分けがつくので便利です!

タブでインデントしたときのスペース数を変更する

インデントのスペース数を変更する方法です。

初期設定では、タブキーを押すと半角スペース4つが挿入されます。

ネストが深くなると横に伸びてしまうので、半角スペース2つに変更してみます。

画面右下の「Spaces:n」をクリックして、TabSizeを変更します。

2に変更しました。

Tabを一回押すごとに、半角スペース2つが挿入されます。

以上、3つの便利設定を紹介しました!

【個人&法人向け】IT専門ブログ記事添削サービス

会社や個人で記事作成をしていて、このようなお悩みはありませんか?

個人でブログを書き始めた。自己流でなんとなく書いているので、読み手に伝わる文章になるよう、アドバイスがほしい。
情報発信のため、会社でコーポレートブログを立ち上げた。技術ノウハウを持つエンジニアはいるが、文章を書くことには慣れていないため、読み手に伝わるかチェックしてほしい。

伝え方には「コツ」があります。あなたの記事が読み手に伝わるよう、パソコン本の著者が丁寧に添削いたします。
その場限りの添削だけではなく、今後記事を書くうえでのポイントもレクチャします。