Excel

【Excel・Word】画像の色(RGB)をコピーして再現する方法

ねぇもりさん、Excelの緑色をそっくり再現したいんだけどさ、どのあたりの色が近いかな?
もり
もり
ええ?!目視で色を探してるの?!

簡単に色を再現できる方法を紹介するよ!

「目的の色」をコピーして、そっくり再現する方法を紹介します。

例えば、これはOffice2016のExcelのアイコンの色を再現したものです。

RGBをコピーして色を再現する

使用するのは「PowerPoint」の「スポイト」のみ!

『このロゴの色再現したいな、どれが近い色かな~』と、ExcelやWordの色パレットとにらめっこしている方、必見ですよ!

画像の色(RGB)をコピーして再現する

この記事では、「Excelテーマカラーの緑色を再現する」手順を紹介します。

PowerPointを使用しますよ!

PowerPointの新規ブックを起動する

PowerPointの新規ブックを起動します。

パワーポイントの起動

 

再現したい「色」のサンプルを貼り付ける

ここではExcelの緑色を調べたいので、Excelブックの適当な部分(ヘッダー部など)を画面キャプチャで切り取り、PowerPointのスライドに貼り付けます。

画像の色をコピー2

 

PowerPointの「スポイト」でRGBを確認する

スポイトを使用して「RGB」の数値を確認します。RGBとは、色の表現方法のひとつです。

色の表現方法のひとつ。R(赤)、G(緑)、B(青)の、光の3原色を組み合わせてさまざまな色を表現する。

通常、パソコンではRGBをそれぞれ8ビットで表現し、それらの組み合わせで色を再現する。

8ビットで表現できる色は256通りあり、RGBの3色を組み合わせると256×256×256で、約1670万色となる。

 

下記①~③の手順です。

  1. パワーポイントに貼り付けた画像を選択
    (※画像選択をしてないと、③のスポイト選択ができないですよ!)
  2. 「図形の塗りつぶし」を選択
  3. 「スポイト」を選択
スポイトでRGBを確認する

 

このような「スポイト」のマークが現れます。

スポイトのマーク

スポイトを「サンプルの色」の上にかざすと、RGBが表示されます(黄色矢印の部分)

スポイトをかざしてRGBを確認する

RGB(33,115,70)が確認できました!これがExcelのカラーです(※使用環境によって数値が異なる場合があります)

スポイトで確認したRGBの数値をどこかにメモしたら、PowerPointはもう閉じて大丈夫です。

塗りつぶし対象の図形にRGBを設定する

※Excelを用いた説明ですが、Wordでも同じ手順です。

下記①~③の手順で図形に色を設定します。

  1. 対象図形を選択して、右クリック
  2. 「塗りつぶし」を選択
  3. 「塗りつぶしの色」を選択
Excelの図形にRGBを設定する

 

PowerPointのスポイトで確認したRGB(33,115,70)を入力し、OKを押す。

Excel塗りつぶしの色でRGBを設定する

 

できあがりました!

Excelテーマカラーの緑色

 

Wordでも同じ方法で図形の塗りつぶしができますよ。

(参考)スポイトで確認したOffice2016のアイコンの色

Office2016の各テーマカラーを調べてみました!

  • Excel →  (33,115,70)
  • Word →  (43,87,154)
  • PowerPoint → (183,71,42)

 

Officeのアイコンの色

 

ExcelやWordで資料作成をするみなさん、ぜひぜひ使ってみてくださいね!

ノンプログラマーがプログラミングを学ぶ理由

ノンプログラマーがプログラミングを使えるようになると、「仕事の幅」が広がります。

日常生活にたとえると「車の運転」のイメージです。

多くの人は、大人になると自動車教習所に通って、運転の練習をしますね。F1レーサーやタクシードライバーなどの「プロ」になるわけではないのに。

車の運転ができれば、遠いところへ、速く・ラクに移動できて「生活の幅」が広がるからです。

プログラミングができるようになれば、今の仕事を速く・ラクに片づけて、「仕事の幅」を広げることができます。

「プロ」を目指す必要はありません。今の仕事をより豊かにするための「手段」、それがプログラミングです。

1週間オンライン無料体験あり
全国6教室で無料体験会