Excel

【Excel】値貼り付けをキーボード操作(ショートカットキー)で実行する

Excel値貼り付け
ねぇもりさん、エクセルで、コピペのショートカットキーあるじゃん?
もり
もり
うん、Ctrl + C → Ctrl + V だね
「値貼り付け」だけができるショートカットキーってないのかなぁ?
もり
もり
あるよ~紹介していくね!

 

Excelで、セルの値(計算式あり)をコピーして他のセルに貼り付ける場合、お決まりのCtrl+C → Ctrl+Vでは書式ごとコピーされてしまうので、計算結果の「値」だけを貼り付けたい時は「値貼り付け」をする必要がありますね。

マウスを使わずキーボード操作のみで実行する方法を紹介していきます!

ショートカットキーの設定【5分で終わる!】

「値貼り付け」はデフォルトのショートカットキーではないので、自分で設定する必要があります。

※5分ほどで終わるので、ササッと設定を済ませてしまいましょう!

「クイックツールアクセスバー」に「値貼り付け」のコマンドを追加します。

  1. 下向きの▽をクリック
  2. 「その他のコマンド」を選択
pastevalue1

下記①~⑤の通りに設定します。

  1. 「リボンにないコマンド」を選択
  2. 「値の貼り付け」を選択
  3. 「追加」
  4. 「値の貼り付け」が追加されたことを確認する
  5. 「OK」を押す
pastevalue2

クイックツールアクセスバーに「値貼り付け」のアイコンが追加されました。

pastevalue3

これで準備完了です!

キーボード操作(ショートカットキー)で実行する方法

通常、上図のように非活性(薄い状態)になっていますが、任意のセルをコピー(Ctrl+C)すると、このように活性化して使える状態になります。

pastevalue4

この状態で、Altキー + 4 を押すと、「値の貼り付け」ができます。

値貼り付けのアイコンが左から4番目にあるため「4」です。

※Altキーと4の同時押しで実行できない場合、下記の流れで試してみてください

  1. Altキーを押す
  2. Altキーから指を離す
  3. 4を押す

 

実際の動作をご覧ください

C1セルの値(計算式あり)をC2セルに値貼り付けしています。

ショートカットキーの仕組み解説

Altキーを押すと、このように数値やアルファベットが表示されます。

これが、各機能に割り当てられているショートカットキーの番号です。

pastevalue6

「値の貼り付け」は4なので、「Alt + 4で実行できる」という仕組みです。

コマンドバーに他のコマンドを追加していく場合、Alt + X の組み合わせは異なってくるのでご注意くださいね。

クイックツールアクセスバーにショートカットキーをたくさん作成した場合も、Altキーを押すと、それぞれに番号が振られているのが確認できます。

pastevalue5

よく使う機能があったら、どんどん追加して自分だけのショートカットキーを作りましょう!

ショートカットキーの順番を並び替える方法

モリ
モリ
Alt + 4 より、Alt + 1 の方が押しやすいぞ

という方もいらっしゃると思うので、順番の変更方法を紹介します。

クイックツールアクセスバーの設定画面を表示します。

pastevalue1

項目の並び順を変更します。「値の貼り付け」を一番上に移動します。

pastevalue7

一番上に移動したら「OK」で保存

pastevalue8

クイックツールアクセスバーの一番左に移動しました。これで、Alt + 1 で「値の貼り付け」ができます

pastevalue9
もり
もり
ぜひぜひ使ってみてね~
ノンプログラマーがプログラミングを学ぶ理由

ノンプログラマーがプログラミングを使えるようになると、「仕事の幅」が広がります。

日常生活にたとえると「車の運転」のイメージです。

多くの人は、大人になると自動車教習所に通って、運転の練習をしますね。F1レーサーやタクシードライバーなどの「プロ」になるわけではないのに。

車の運転ができれば、遠いところへ、速く・ラクに移動できて「生活の幅」が広がるからです。

プログラミングができるようになれば、今の仕事を速く・ラクに片づけて、「仕事の幅」を広げることができます。

「プロ」を目指す必要はありません。今の仕事をより豊かにするための「手段」、それがプログラミングです。

1週間のオンライン無料体験
いつでもどこでも今すぐ視聴OK