Excel

【Excel小技】値貼り付けをキーボード操作(ショートカットキー)で実行する

executive assistant
ねぇもりさん、エクセルで「値貼り付け」のショートカットキーってないのかなぁ?
もりさん
もりさん
あるよ~紹介していくね!

Excelで、セルの値(計算式あり)をコピーして他のセルに貼り付ける場合、お決まりのCtrl+C&Ctrl+Vでは、書式が丸ごとコピーされてしまうので、計算結果の「値」だけを貼り付けたい時は「値貼り付け」をする必要がありますね。

マウスを使わずキーボード操作のみで実行する方法を紹介していきます!

ショートカットキーの設定【5分で終わる!】

「値貼り付け」はデフォルトのショートカットキーではないので、自分で設定する必要があります。

設定?めんどうくさいな~マウスでやればいいかなって思いますよね。でも、

未来の自分がラクするために、今この瞬間にひと手間をかけよう!

「クイックツールアクセスバー」に「値貼り付け」のコマンドを追加します。

①下向きの▽をクリックして、
②「その他のコマンド」を選択

pastevalue1

下記①~⑤の通りに設定します。

①「リボンにないコマンド」を選択
②「値の貼り付け」を選択
③「追加」を押す
④「値の貼り付け」が追加されたことを確認する
⑤OKを押す

pastevalue2

「値貼り付け」のアイコンが追加されました。

pastevalue3

これで準備完了です!

キーボード操作(ショートカットキー)で実行する方法

通常では、上図のように非活性(薄い状態)になっていますが、
セルをコピー(Ctrl+C)すると、このように活性化します。

pastevalue4

この状態でAlt4を順番に押すことで「値貼り付け」が実行できます。

Alt4を同時に押すのではなく、Altを押して、指を離してから4を押します

実際の動作をご覧ください

C1セルをCtrl+Cでコピーして、Altを押したところで、クイックツールアクセスバーに数字が登場します。
キーボードの4を押して値貼り付け完了です!

ショートカットキーの仕組み解説

Altを押すと、このように数値やアルファベットが表示されます。
これは各機能に割り当てられている名札のようなものです。

pastevalue6

「値の貼り付け」は4なので、「Alt→4の順番に押すことで実行できる」という仕組みです。

コマンドバーに他のコマンドを追加していく場合、Alt → X の組み合わせは異なってくるのでご注意くださいね。

Altを押すと、それぞれに番号が振られているのが確認できます。

pastevalue5

よく使う機能があったら、どんどん追加して自分だけのショートカットキーを作りましょう!