Google Apps Script

【freeeAPI×GAS】指定条件の振替伝票をスプレッドシートに取得する【逆仕訳一括作成ツール①】

こんにちは、もりです!

クラウド会計ソフトfreeeのAPIを使って、freeeの操作を自動化するシリーズ。合計2回の連載で「振替伝票の逆仕訳を一括作成するツール」を作ります。

今回は、指定条件の振替伝票を一括取得してスプレッドシートに出力するスクリプトを紹介します。

 

※この記事で紹介するスクリプトを動作させるには、freeeAPIの連携アプリの作成と認証が済んでいることを前提としています。

詳しくは下記記事をご覧ください。

クラウド会計freeeアイキャッチ
【freee×GAS】GoogleAppsScriptでfreeeAPIと連携認証する(サンプルコードあり)GoogleAppsScriptを使用して、クラウド会計ソフトfreeeのAPI連携が可能です。freee連携アプリの登録方法、認証方法、サンプルコードを紹介しています。...

逆仕訳一括作成ツール

逆仕訳(反対仕訳)とは、貸借を逆に起票する仕訳です。伝票仕訳を間違えた時の訂正や、決算整理仕訳の戻入で作りますね。

逆仕訳

【動画】ツールの使い方(処理の流れ)

freeeの振替伝票を使用した「逆仕訳」の作成は、下記の流れで行います。

逆仕訳一括作成の流れ
  1. freeeに登録済みの振替伝票をスプレッドシートに出力する【API使用】
  2. スプレッドシート上で日付を書き換える【手作業】
  3. スプレッドシートのデータを貸借入替でfreeeに登録する【API使用】

詳細は操作デモをご覧ください。※再生すると解説の音声が出るのでご注意ください!

freeeに登録済みの振替伝票をスプレッドシートに出力する

この記事では、全体の流れのなかで「freeeに登録済みの振替伝票をスプレッドシートに出力する【API使用】」の部分を作ります。

逆仕訳一括作成の流れ
  1. freeeに登録済みの振替伝票をスプレッドシートに出力する【API使用】←今回はココを作る
  2. スプレッドシート上で日付などを書き換える【手作業】
  3. スプレッドシートのデータを貸借入替でfreeeに登録する【API使用】

【事前準備】スプレッドシートの準備

スプレッドシートに「取得項目」と「パラメータ」を設定する枠を用意します。セルの色は下記の意味をもっています。

  • 黄色セル → パラメータを設定(入力)するセル
  • 水色セル → 取得結果を出力するセル

 

下記図の①~③の説明です。

  • ①振替伝票作成のPOST処理で使用するkey
  • ②取得項目の日本語名
  • ③パラメータ設定欄(「仕訳の種類」欄はデータの入力規則で作成)
スプレッドシート準備

【スクリプト】

このスクリプトと同じプロジェクト内に、下記記事の認証スクリプト(認証用の関数)を書いておく必要があります。

【freee×GAS】GoogleAppsScriptでfreeeAPIと連携認証する(サンプルコードあり)

具体的には、「getService」関数と、その中で使われている「Client_ID」「Client_Secret」の値です。

 

そして、下記スクリプトの「getJournalMain」関数を実行すると、条件に一致する振替伝票をスプレッドシートに取得できます。

【実行結果】

スクリプトの実行結果です。スプレッドシートに振替伝票のデータを取得できました。

・freeeの画面(3件)

freeeに登録済の振替伝票

 

・スプレッドシート出力結果(3件)

振替伝票取得

次回は、スプレッドシートに出力したデータを使用して「貸借逆の振替伝票」を作成します。

【freeeAPI×GAS】スプレッドシートのデータから振替伝票を一括作成する【逆仕訳一括作成ツール②】GASを使って「クラウド会計ソフトfreee」のAPIを操作するシリーズ。スプレッドシートのデータを使って振替伝票を一括登録するスクリプトを紹介しています。...