Google Apps Script

【GAS】指定期日までの残日数を自動通知(メール送信)するリマインドBotの作り方

こんにちは、もりです。

みなさん、会社で、あんなことやこんなことの「期日」に追われていませんか?

「はっ、気がついたら今日期限のタスクが終わってない・・・」なんてことにならないよう、部署の誰かが、毎朝手動で一斉送信メールを送ったり。

そのメール通知作業、GASで自動化しましょう!

指定期日までの残日数を自動通知するBot

このBotは2つの処理から成り立ちます。

  • 【処理1】指定期日までの残日数を求める処理
  • 【処理2】処理1で求めた値をメール送信する処理

 

【スクリプト】

ここでは、「確定申告」を例としたスクリプトを紹介します。Momentライブラリを使用すると、日付の差分を簡単に取得できます。

To,CCに複数のメールアドレスを指定したい場合は、このように「カンマ区切り」で列挙します。

‘test1@xxx.com,test2@xxx.com,test3@xxx.com’

sendEmailメソッドのoptionsで設定できる内容は、公式リファレンスをご覧ください。

【自動通知】トリガーを設定する

あとは、自動でメール送信するよう、トリガーを設定しましょう。「現在のプロジェクトのトリガー」をクリック。

remindbot2

 

「実行する関数を選択」では、「NotifyRemainingDays」を選択します。トリガーのタイプや日付・時刻は自由に設定しましょう。最後に「保存」をクリック。

remindbot1

【実行結果】

Outlookで受信したイメージです。良いですね!

remindbot3

スマートフォンのSMSなどにも送信できます。

remindbot4

この記事では「メール送信」の処理にしましたが、各種WebサービスのAPIを使えば、Chatwork、Slack、LINEなどへの通知もできますね。

ぜひ活用してみてください。

【個人&法人向け】IT専門ブログ記事添削サービス

会社や個人で記事作成をしていて、このようなお悩みはありませんか?

個人でブログを書き始めた。自己流でなんとなく書いているので、読み手に伝わる文章になるよう、アドバイスがほしい。
情報発信のため、会社でコーポレートブログを立ち上げた。技術ノウハウを持つエンジニアはいるが、文章を書くことには慣れていないため、読み手に伝わるかチェックしてほしい。

伝え方には「コツ」があります。あなたの記事が読み手に伝わるよう、パソコン本の著者が丁寧に添削いたします。
その場限りの添削だけではなく、今後記事を書くうえでのポイントもレクチャします。