Google Apps Script

【GAS】スプレッドシートの各シートからCSVファイルを作成しZIPにしてドライブ保存する

下記の記事にて、スプレッドシートの特定シートをCSVファイルにする方法を紹介しました。

【GAS】スプレッドシートの特定シートからCSVファイルを作成・保存するGASでスプレッドシートからCSVファイルを作成します。CSVの保存先は「フォルダIDを指定して保存する方法」「スプレッドシートと同じフォルダに保存する方法」の2つを紹介しています。...

今回の記事では、1つのスプレッドシートに複数シートがある前提で、スプレッドシート内の各シートをCSVファイルにし、ZIPにしてドライブに保存する方法を紹介します。

ノンプロ研の中級GAS講座の課題です。あっ、初心者講座もあるようですよ。

各シートからCSVファイルを作成しZIPにする

スプレッドシート内の特定シートをCSVファイルにする方法はこちらの記事を参照→【GAS】スプレッドシートの特定シートからCSVファイルを作成・保存する

 

今回のポイントはzipメソッドです。

Utilitiesクラス.zipメソッド(blobs, name)

  • パラメータ:blobs(BlobSource[]) ,name(String)
  • 戻り値:Blobオブジェクト
  • 説明:受け取ったBlobのデータから、zipファイル(新しいBlobオブジェクト)を作成します。
  • 公式リファレンスはこちら

スクリプトまとめ

処理の流れ

上記のスクリプトで実行してる処理の流れ(イメージ)です。コードと併せてご覧ください。

csv-zip1 csv-zip2

 

このスクリプトのポイントは、最後のcreateFileメソッドでzipファイルを作成するまでは、csvファイルの実態が目に見えないことです。Blobオブジェクト、面白いですね。

2020年・小学校でプログラミング教育が必修化

2020年、いよいよ小学校でプログラミング授業が始まります。続く2021年からは「中学校」で開始。2022年からは「高校」でも導入されます。

あと何年かしたら、あたりまえにプログラミングを使いこなす新入社員が入ってくるかもしれません。2020年、大人も一緒に学んでみませんか?

1週間のオンライン無料体験
いつでもどこでも今すぐ視聴OK