Google Apps Script

【freeeAPI×GAS】取引先別の指定期間の勘定科目残高をスプレッドシートに取得する

こんにちは、もりです。久しぶりのfreee記事です。

以前に、「取引先別の勘定科目残高を取得したい」といったご要望をいただいたので、試しに書いてみました。

この記事で紹介するスクリプトは、たとえば、「取引先Xの、2019年7月~9月の売掛金の残高は?」といった内容を、ワンクリックでスプレッドシートに出力することができます。

また、これらのパラメータを、スプレッドシート上で自由に指定できます。

  • 事業所
  • 取引先
  • 会計年度
  • 開始月~終了月
  • 勘定科目

 

※この記事で紹介するスクリプトを動作させるには、freeeAPIの連携アプリの作成と認証が済んでいることを前提としています。

詳しくは下記記事をご覧ください。

クラウド会計freeeアイキャッチ
【freee×GAS】GoogleAppsScriptでfreeeAPIと連携認証する(サンプルコードあり)GoogleAppsScriptを使用して、クラウド会計ソフトfreeeのAPI連携が可能です。freee連携アプリの登録方法、認証方法、サンプルコードを紹介しています。...

取引先別の指定期間の勘定科目残高を取得する

まずはスクリプトの動作イメージをご覧ください。

【動画】ツールの使い方デモ

指定の取引先IDの残高を取得するイメージです。

A列に取引先IDを事前に入力しておき、I列のパラメータを入力して、スクリプトを実行しています。(この動画では、「会計freee」という名前の独自メニューを作成してスクリプトを実行しています)

【事前準備】スプレッドシートの準備

スプレッドシートにパラメータ設定する枠を用意します。セルの色は下記の意味をもっています。

  • 黄色セル → パラメータを設定(入力)するセル
  • 水色セル → GASで取得結果が書き込まれるセル
パラメータ設定

【スクリプト】

このスクリプトと同じプロジェクト内に、下記記事の認証スクリプト(認証用の関数)を書いておく必要があります。

【freee×GAS】GoogleAppsScriptでfreeeAPIと連携認証する(サンプルコードあり)

具体的には、「getService」関数と、その中で使われている「Client_ID」「Client_Secret」の値です。

 

そして、下記スクリプトの「getAccountBalance」関数を実行すると、スプレッドシートに残高を取得できます。

【参考】取引先IDの確認方法

このスクリプトは、「取引先名」ではなく、「取引先ID」をパラメータとしています。

「会計freee連携アドオン」を使用すると、事業所の取引先一覧をスプレッドシートに出力することができます。

詳細はこちらの記事をご覧ください → ノンプログラミングでOK!「会計freee連携アドオン」でスプレッドシートにデータを取得する

2020年・小学校でプログラミング教育が必修化

2020年、いよいよ小学校でプログラミング授業が始まります。続く2021年からは「中学校」で開始。2022年からは「高校」でも導入されます。

あと何年かしたら、あたりまえにプログラミングを使いこなす新入社員が入ってくるかもしれません。2020年、大人も一緒に学んでみませんか?

1週間のオンライン無料体験
いつでもどこでも今すぐ視聴OK