VBA

【VBAでOutlook操作】ファイルの添付処理に複数キーワードを指定できるようにする

VBAでOutlook操作・下書きメールにファイルを添付する方法を紹介しています!

前回の記事では、「キーワードに一致するファイルが存在しない場合、下書きメールを作成しないマクロ」を紹介しました。

【VBAでOutlook操作】添付ファイルの有無を判定して下書きメールを作成するVBAでOutlook操作をしよう!下書きメールの作成・ファイルの添付方法を紹介しています。「キーワードに一致したファイルが存在しない場合はメールを作成しない」という処理を加えています。...

 

ねぇ、もりさん。これまで作ってきたマクロって、添付するファイルのキーワードを1つしか指定できないよね。

複数キーワードを指定できないかな?

もり
もり
なるほどね~。作ってみよう!

Excelシートのデータを元に、Outlookの下書きアイテムを一括作成するマクロを紹介します。

  • 下書きメールを作成する
  • 指定のキーワードに一致するファイルを添付する(複数ファイル添付可能)
    (※キーワードに一致するファイルが見つからない場合、下書きメールを作成しない)
  • 添付ファイルのキーワードに、複数単語を指定できるようにする(←今回のポイント)
ExcelシートからOutlookの下書きメールを一括作成する(複数キーワード指定)

キーワードをカンマ区切りで指定する

もり
もり
Excelシート上で、カンマ区切りでキーワードを指定するだけでOK
VBAでOutlook操作・複数キーワードを指定する

キーワードが1つのみの場合は、カンマ不要です。

FileAttachプロシージャの変更

前回までに作成したコードの、FileAttachプロシージャのみを変更します。

  1. 引数で受け取ったkeywordを、Split関数でカンマ区切りにして配列に格納する
  2. 配列の要素数(キーワードの数)、処理を繰り返す

コードまとめ

シリーズを通して作成したコードのまとめです。このコードを動作させるためには、以下の2点が必要です。

  1. 参照設定「Microsoft Outlook xx.0 Object Library」
  2. Outlookを起動しておく

連載目次:VBAでOutlook操作

Excelシートのデータから下書きメールを一括作成する方法、指定のキーワードに合致するファイルを添付する方法などを紹介しています。

2020年・小学校でプログラミング教育が必修化

2020年、いよいよ小学校でプログラミング授業が始まります。続く2021年からは「中学校」で開始。2022年からは「高校」でも導入されます。

あと何年かしたら、あたりまえにプログラミングを使いこなす新入社員が入ってくるかもしれません。2020年、大人も一緒に学んでみませんか?

1週間のオンライン無料体験
いつでもどこでも今すぐ視聴OK