Google Apps Script

【GAS】スプレッドシートの指定のセル範囲をPDF出力する

こんにちは、もりです!

この記事では「スプレッドシートの指定シートをPDF出力する方法」を紹介します。PDF出力するセル範囲を指定できます。

出力するPDFの保存先は、Googleドライブ内の指定フォルダです。

スプレッドシートの指定シートをPDF出力する

スプレッドシートの指定シートをPDF出力するスクリプトがこちらです。

  • 21行目:PDF出力する「セル範囲」を指定する
  • 41行目:PDF出力先の「フォルダ」を指定する

PDF出力する「セル範囲」を指定する

上記スクリプト21行目の「rangeパラメータ」でセル範囲を指定します。

range=開始セルコロン終了セル

コロン(:)%3Aと記述します(URLエンコード)

 

  • A1セル~D5セルを指定する場合の記述

range=A1%3AD5

 

  • C5セル~E9セルを指定する場合の記述

range=C5%3AE9

 

こちらのブログを参考にさせていただきました:PDFを作成したい

【実行結果】スクリプトを実行してPDF出力

A1セル~E10セルにデータが入力されたスプレッドシートです。

export-pdf5

 

このスプレッドシートについて、セル範囲(A1~D5)を指定して作成したPDFがこちら。

export-pdf6

 

続いて、C5セル~E9セルを指定した場合の出力結果がこちら。C5セルを起点としてPDFが作成されました。

export-pdf7

【おまけ】スプレッドシートが存在するフォルダ内にPDFを出力する

上述のスクリプトは、PDF出力先のフォルダを「フォルダID」で指定しました。これでは、出力先を変えたい時に、スクリプトを書き換えなければなりません。

41行目以降を下記のように変更すると、スプレッドシートが存在するフォルダ内にPDFを出力することができます。

 

以上です!

【100万人以上が使う】タスク管理・プロジェクト管理ツール「Backlog」の新規無料トライアル

「Backlog」は日本製のタスク管理・プロジェクト管理ツールです。

国内利用者は100万人を超え、エンジニア・デザイナー以外にも、営業・人事・経理など、幅広い職種で大人気!

日本製なので、親しみやすく直感的に使えるのがポイントです。

タスク管理・プロジェクト管理にかかせない主な機能がこちら。

  • 課題(タスク)の作成
  • ファイル共有
  • wiki
  • ガントチャート
  • カンバンボード
  • テンプレート機能

法人・個人問わず利用できるので、効率的にタスク管理したいフリーランスの方にもオススメですよ!