Google Apps Script

【GAS】リスト1の選択値に応じてリスト2を作成する(プルダウンの連動)

こんにちは、もりです!

下記の記事で、GASでリストを作る方法を紹介しました。

【GAS】セルにリスト(プルダウン)を作成するGASを使って、スプレッドシートのセルにリストを作る方法を紹介しています。「データの入力規則」で「リストを直接指定」する方法、「リストを範囲で指定」する方法の2通りあります。...

 

この記事では「応用編」として、2つのリストを連動させる方法を紹介します。

 

【例】A列のリストで「東北」を選択すると、それに応じたリストがB列に作成される

list-relation1

A列のリストで「関東」を選択すると、B列のリストの内容が変わる

list-relation2

 

動作イメージは下記の動画をご覧ください(※再生しても音は出ません)

リストの選択値に応じて新しいリストを作る

それでは作り方を紹介していきます。

【事前準備】リストの値を別シートに用意する

まずは、リストの値を別シートに設定します。

  • 1行目:「大分類」の値を入力
  • 2行目以降:「小分類」の値を、選択肢の数、入力

 

(例)B列
大分類のリストで「東北」を選択したら、小分類のリストに「青森,岩手,宮城,秋田,山形,福島」の選択肢を表示させたい

list-relation3

【データの入力規則】大分類のリストを作成する

大分類(東北,関東,中部,近畿)のリストは、スプレッドシートの「データの入力規則」で作ります。

上記で用意したシートの1行目に、「名前付き範囲」で名前をつけます。ここでは「大分類」という名前にします。

list-relation5

「データの入力規則」で、名前付き範囲の「大分類」を設定します。

list-relation6

【スクリプト】GASでリストを作成する

A列の値に応じて、B列にリストを作るスクリプトです。

イベントトリガーの「onEdit」を使用して、スプレッドシートのセルの編集内容を検知します。編集されたセル・値に応じて、B列にリストを作ります。

以上です!GASを使って、選択値に応じた動的リストを作ってみましょう!

【100万人以上が使う】タスク管理・プロジェクト管理ツール「Backlog」の新規無料トライアル

「Backlog」は日本製のタスク管理・プロジェクト管理ツールです。

国内利用者は100万人を超え、エンジニア・デザイナー以外にも、営業・人事・経理など、幅広い職種で大人気!

日本製なので、親しみやすく直感的に使えるのがポイントです。

タスク管理・プロジェクト管理にかかせない主な機能がこちら。

  • 課題(タスク)の作成
  • ファイル共有
  • wiki
  • ガントチャート
  • カンバンボード
  • テンプレート機能

法人・個人問わず利用できるので、効率的にタスク管理したいフリーランスの方にもオススメですよ!