Windows

【Windows】毎日指定の時間に画面の最前面にメッセージを表示させる方法

ねぇもりさん、会社で毎日決まった時間にやる作業があるんだけどね、目の前の仕事に集中してると、つい忘れちゃうんだよね
もり
もり
アプリとかで決まった時間にメッセージ表示ができるといいね
うちの会社ルールが厳しくて、フリーソフトとかアプリのインストールが禁止されてるんだよね・・・
もり
もり
そっかぁ、じゃあ、Windowsの標準機能でできる方法を紹介するね!

毎日(毎週)指定の時刻に、パソコンの画面にメッセージを表示させる方法を紹介します。

【ポイント1】Windowsの標準機能のみでできる!(特別なソフトウェアのインストールは不要)

【ポイント2】メッセージが画面の最前面に表示され、かつ、OKボタンを押すまで消えないので見落とす心配がない

※ユーザーがPCにログオンしているときのみ表示されます

(イメージ)

パソコンの画面にメッセージを表示させる

毎日指定の時刻に画面にメッセージを表示させる

この設定は、おおきく2つのステップに分けて進めていきます。

  1. 「メッセージを表示させるスクリプト」を作成する
  2. ①で作成したスクリプトを、Windowsの「タスクスケジューラ」に設定する

タスクスケジューラとは、「指定の時刻」に「指定のプログラム」を実行できるWindowsのアプリです。

手順①メッセージを表示させるスクリプトを作成する

まずは、メッセージを表示させるスクリプトを作っていきます。

もり
もり
難しい部分もあるけど、くわしく理解できなくても大丈夫!とりあえず作ってみよう!

スクリプトファイルを準備する

Windowsアプリの「メモ帳」で新規のテキストファイルを作成します。

  • 作成場所:任意(ここではデスクトップに作っています)
  • ファイル名:アルファベットの文字列(※日本語は使用不可)
  • 拡張子:vbs
メモ帳でVBSファイルを作る

 

拡張子を変更してよいか聞かれます。「はい」を選択します。

ファイルの拡張子を変更する

 

スクリプトを書く

このようなメッセージ表示プログラムを使います。(詳しく理解できなくても、コピー貼付けでOKです!)

 

この記事では「帰宅前にキャビネットの鍵をかける」というメッセージを作ります。

 

スクリプトの準備できたら、スクリプトファイルを編集します。※ダブルクリックはしませんよ。

VBSファイルを編集する

 

さきほど作ったvbsファイルに、そのままコピー貼付けしましょう。

VBScriptでメッセージ表示させるコード

 

「名前を付けて保存」します。

VBSファイルを名前を付けて保存する

 

文字コードを「ANSI」に変更して、保存します。

VBSファイルの文字コードをANSIに変更する

 

「名前を付けて保存の確認」は「はい」を選択します。

スクリプトの完成です!

 

スクリプトを実行する

それではスクリプトを実行してみましょう。vbsファイルをダブルクリックします。

こんな風にメッセージが表示されればOKです。

VBSファイルのmsgbox関数

次に、このスクリプトを「タスクスケジューラ」に設定していきますよ。

手順②タスクスケジューラに設定する

Windowsのタスクバーで、

  • ①「タスク」と入力して検索
  • ②「タスクスケジューラ」を選択
タスクスケジューラを起動する

 

「基本タスクの作成」を選択

タスクスケジューラで基本タスクを作成する

 

  • ①「名前」と「説明」を入力
  • ②次へ
基本タスクの名前と説明を入力

 

ここでは毎日の定例作業という想定なので、

  • ①「毎日」を選択
  • ②次へ
タスクトリガーの設定

 

「いつからこのタスクを開始させるか?」という開始日時を設定します。

  • ①開始日時を設定
  • ②次へ

(例)
・今が15:00で、「今日の17:00から表示させたい」場合、今日日付を設定しましょう。

・今が18:00で、「明日の17:00から表示させたい」場合、翌日日付を設定しましょう。

基本タスクの作成ウィザード

 

  • ①「プログラムの開始」を選択
  • ②次へ
プログラムの開始

 

  • ①「参照」を押して開くダイアログで、デスクトップに作成したvbsファイルを選択
  • ②vbsファイルのパスが表示されたのを確認して
  • ③次へ

 

「完了」を押して設定完了です!

基本タスクの作成完了

 

【応用編】毎週指定の曜日に表示させる

「毎週火曜日だけ」とか、「毎週月・水・金」とかも設定できる?
もり
もり
できるよ!紹介するね!

 

「基本タスクの作成ウィザード」のトリガーを設定します。

  • ①「毎週」を選択
  • ②次へ
タスクトリガーで毎週を選択する

 

  • ①開始日時を設定し、
  • ②そのタスクを実行する曜日を選択
タスクを実行する曜日を選択する

作業内容に応じて、いろいろアレンジしてみましょう!

表示メッセージのイメージ

「画面の最前面に表示され、かつ、OKボタンを押さないとメッセージが消えない」というのは、このようなイメージです。

Excelで何らかの入力・編集作業をしている場合でも、容赦なくメッセージが表示され、画面が固まってしまいます。

人間がOKボタンを押すまで、画面の最前面に表示され続けるので、見落とす心配がありません。

これを実現しているのが、プログラムに記述してある第2引数のvbSystemModalです。

vbSystemModal:システムモーダルに設定します。
メッセージボックスに応答するまで、すべてのアプリケーションが中断されます。

「vbSystemModal」がなくても、最前面に表示されるのですが、別のウィンドウを立ち上げるとこのメッセージは背面に隠れてしまいます。

そのため、ウィンドウ切替のタイミングと重なった場合に、一瞬で背面に隠れてしまい気がつかないことがあるのです。

「人間がOKボタンを押すまで、画面の最前面に表示され続ける」はうれしい機能ですね。

登録済みの基本タスクを編集したい

さっき設定したタスク、やっぱり時間を変更したい

時刻を17:00→17:30に変更するとします。

タスクスケジューラを起動して、

  • ①「タスクスケジューラライブラリ」を選択
  • ②登録済みのタスクを選択して右クリック
  • ③「プロパティ」を選択
基本タスクの編集をする

 

  • ①「トリガー」タブを選択
  • ②「編集」
基本タスクのトリガーを編集する

 

  • ①時刻を変更
  • ②OK
トリガーの編集

 

まとめ

パソコンの作業中「指定の時刻」に「画面の最前面」にメッセージを表示させる方法を紹介しました。

フリーソフトやアプリのインストールが禁止されているような環境でも、Windowsの標準機能だけでできるのがうれしいですね。

作業を忘れないように「●時に~~をする」なんて書いた付箋をモニタに貼っていても、その付箋を見ること自体を忘れたりしますからね。

「毎日決まった時間に決まったことをする」はコンピュータの得意技です!コンピュータの力を存分に借りてラクをしましょう!

ノンプログラマーがプログラミングを学ぶ理由

ノンプログラマーがプログラミングを使えるようになると、「仕事の幅」が広がります。

日常生活にたとえると「車の運転」のイメージです。

多くの人は、大人になると自動車教習所に通って、運転の練習をしますね。F1レーサーやタクシードライバーなどの「プロ」になるわけではないのに。

車の運転ができれば、遠いところへ、速く・ラクに移動できて「生活の幅」が広がるからです。

プログラミングができるようになれば、今の仕事を速く・ラクに片づけて、「仕事の幅」を広げることができます。

「プロ」を目指す必要はありません。今の仕事をより豊かにするための「手段」、それがプログラミングです。

1週間オンライン無料体験あり
全国6教室で無料体験会