Windows

【Windows】Excelデータから複数フォルダを一括作成する(プログラミング不要)

ねぇもりさん、Windowsのフォルダをまとめて作るラクちんな方法ないかな〜
もり
もり
あるよ!プログラミングを使わずに、エクセルとWindowsだけで簡単にできる方法を紹介するね

Excelシートのデータを元に、複数フォルダを一瞬で作成する方法を紹介します。

 

mkdir一括1

✔ この記事で紹介する方法のメリット

  • フリーソフト不要!
  • プログラミング不要!

✔ 作業に必要なもの

  • Excel
  • コマンドプロンプト(※Windowsに標準で入ってるアプリです。詳細はのちほど説明します。)
もり
もり
作業の流れは全3ステップだよ
作業の流れ
  1. Excelでフォルダ作成コマンドを作る
  2. コマンドプロンプトを起動する
  3. コマンドプロンプトで①のコマンドを実行する

複数のフォルダを一括作成する

それでは作業を進めていきましょう。

【前提】ExcelシートのA列に、作成するフォルダ名が用意されていること

①Excelでフォルダ作成コマンドを作る

まずはステップ①です。

作業の流れ
  1. Excelでフォルダ作成コマンドを作る ←コレ
  2. コマンドプロンプトを起動する
  3. コマンドプロンプトで①のコマンドを実行する

A列のフォルダ名を元に、B列に「コマンド」を作ります。コマンドとはコンピュータへの命令語です。

【コマンド】
mkdir フォルダ名

【意味】
フォルダ名のフォルダを作成してください

上記の形式になるように、ExcelのB列に数式を入力します。
※mkdirとフォルダ名の間に半角スペースが入ります!

【B1セルに入力する式】

=”mkdir “&A1

mkdir一括8

B1セルに数式を入力したら、最終行までコピーしましょう。

セルの右下にマウスカーソルを合わせて、+のマークが表示されたポイントでダブルクリックすると、最終行まで数式がコピーされます。

mkdir一括2
もり
もり
操作イメージの動画だよ

ステップ①が終わりました!

②コマンドプロンプトを起動する

つづいてステップ②です。

作業の流れ
  1. Excelでフォルダ作成コマンドを作る
  2. コマンドプロンプトを起動する ←コレ
  3. コマンドプロンプトで①のコマンドを実行する

フォルダを作成する場所にアクセスします。

mkdir一括4

アドレスバー(赤枠の部分)をクリックして編集モードにし、cmdと入力してEnterキーを押します。

mkdir一括5

コマンドプロンプトが起動しました。さきほどのフォルダと同じパスが表示されていることを確認します。

mkdir一括6
もりさん
もりさん
見慣れない画面だけど、手順どおりに実行すれば大丈夫だよ!

③コマンドプロンプトでコマンドを実行する

最後のステップです!

作業の流れ
  1. Excelでフォルダ作成コマンドを作る
  2. コマンドプロンプトを起動する
  3. コマンドプロンプトで①のコマンドを実行する ←コレ
もり
もり
まずは動画でイメージを見てみよう!画面右側の空フォルダに一瞬でフォルダができあがるのを確認してね
モリ
モリ
おい!これはなにが起きてるんだ?!

 

ステップ①で作成したB列のデータ範囲を最終行まで選択して、コピーします。

mkdir一括9

データ範囲をコピーしたら、コマンドプロンプトのカーソルが点滅している部分に、

mkdir一括7

下記のいずれかの方法でコマンドを貼り付けます。※バージョンによって異なる

  1. Ctrl + V
  2. マウスを「右クリック」のみ
  3. マウスを「右クリック」→「貼り付け」を選択

先ほどの動画の手順は、②のマウスを右クリックのみ、です

 

一瞬でコマンドが実行されます。

mkdir一括11

おつかれさまでした~、終了です!

もり
もり
フォルダ50個でも100個でも、一瞬で作れちゃうんだよ~

Excelシートの入力どおりにフォルダを並べたい場合

ここからはイレギュラーなパターンを紹介していくので、読み飛ばしても大丈夫です!

たとえば、47都道府県のフォルダを作成する場合を考えてみます。

A列に都道府県名を列挙して、B列にコマンドを作成します。B列のコマンドを実行すると…

mkdir一括14

47都道府県のフォルダは作成されますが、「フォルダの名称順」に並んでしまうので、Excelの入力順とは異なります。

mkdir一括15

Excelの入力順に並ぶようにフォルダを作る場合は、コマンド作成時にひと工夫しておきましょう。

  • A列 … 連番
  • B列 … フォルダ名
  • C列 … コマンド(A列&B列)
mkdir一括16

これでフォルダを作ると、先頭の数字順にキレイに並びます。

mkdir一括17

フォルダ名にスペースが入ってる場合

フォルダ名にスペースが入っている場合は、ここまで紹介してきた手順ではエラーが出てしまいます。

たとえば「フォルダ 1」は、「フォルダ」と「1」の間に半角スペースが入っています。

できればスペースを除去するのが望ましいですが、どうしてもフォルダにスペースを含ませる必要がある場合、フォルダ名全体をダブルクォートで囲むように、B列の数式を変更します。

mkdir フォルダ名

mkdir一括12

mkdir “フォルダ名”となるようにコマンドを作りましょう。この先の手順は同様です。

mkdir一括13

定期的に実行する場合はツール化しておこう

モリ
モリ
この作業、毎日やるんだよな…もっと簡単に、ポチっと実行できる方法ないか?
もり
もり
それならVBAでツールを作っておくと良いね!この記事で紹介してるよ
【ExcelVBA】Windowsのフォルダを一括作成するマクロExcelシートのリストを元にして、Windowsのフォルダを一括作成するVBAツールを紹介しています。 フォームコントロールを使用して、ボタンのワンクリックでマクロを実行します。...
非エンジニアもプログラミングを学習する時代!

「プログラミング」ってエンジニアとかプログラマーの人がするものでしょ?文系の私には関係ないや~って思っていませんか?

いまは、非エンジニアもプログラミングを学習する時代です!

「プログラミングの必修化」をご存知ですか?

  • 2020年~ 小学校で開始
  • 2021年~ 中学校で開始
  • 2022年~ 高等学校で開始
  • 2024年~ 高校受験科目に新設

学校での必修化に向けて、すでに子ども向けプログラミングスクールが多数開校されています。

あと数年もすれば、あたりまえにプログラミングができる新入社員がやってくる時代になります。

プログラミングってなに?どんなもの?まずは無料体験から試してみませんか?

 

1週間の無料体験あり!
オンラインスクール実績No.1!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です