Excel

【Excel】正の値にプラス記号・ゼロ値にプラスマイナス記号を付けて表示する

ねぇもりさん、エクセルで数字の100にプラス記号を付けて +100 って表せないかなぁ
もり
もり
それなら、書式設定でできるよ!

 

Excelで、負の値にはマイナス記号を付けて表示するのに対して、正の値の場合は何も符号を付けず「数値のみを表示する」のが一般的ですが、

売上表など、数字を比較して表示するときは、記号を付けると数字の変化が見やすいですよね。

  • マイナスの100を表す場合 100
  • プラスの100を表す場合 100
  • ゼロを表す場合 ±0

 

✔ この記事で紹介すること

  1. 正の値にプラス記号を付けて表示する方法(+100)
  2. ゼロ値にプラスマイナス記号を付けて表示する方法(±0)
plus1

「セルの書式設定」を活用して設定していきますよ!

数字に書式設定をする

シート上で「書式設定」をする範囲を選択し、マウスを右クリック→「セルの書式設定」を選択します。

plusminus1

分類:「ユーザー定義」を選択
種類:「#,##0;[赤]-#,##0」を選択

plusminus2

「種類」の欄に、下記の黄色部分を追加で入力してOKをクリック
※セミコロン(;)をお忘れなく!

+#,##0;[赤]-#,##0;±#,##0

plusminus3

これで設定完了です!

  • 正の数字にプラス記号が付いた
  • 負の数字が赤くなった
  • ゼロにプラスマイナス記号が付いた
plusminus4

仕組みはこうです。

  • プラスの値
  • マイナスの値
  • ゼロ値

セミコロンで区切り、異なる書式を設定しています。

plus6

※負の値を赤色にする必要が無い場合は、[赤]を削除しましょう。

パーセント(%)の書式設定をする

つづいて、パーセント表示も見やすくします。

書式設定する範囲を選択し、マウスを右クリック→「セルの書式設定」を選択します。

plusminus5

「種類」欄に下記を入力(そのままコピペでOK)

+0%;[赤]-0%;±0%

plusminus7

これで設定完了です!見やすくなりましたね

plusminus6

仕組みは数字と同じです。セミコロンで区切って、正;負;ゼロの書式を指定します。

plus7

小数点を表示させる方法

このように入力すれば、小数点1桁まで表示されます。

+0.0%;[赤]-0.0%;±0.0%

plusminus8

Excelで数字を扱うことの多い方は、書式設定の「ユーザ定義」を使いこなせるとグッと見やすい資料が作れちゃいますよ。

ノンプログラマーがプログラミングを学ぶ理由

ノンプログラマーがプログラミングを使えるようになると、「仕事の幅」が広がります。

日常生活にたとえると「車の運転」のイメージです。

多くの人は、大人になると自動車教習所に通って、運転の練習をしますね。F1レーサーやタクシードライバーなどの「プロ」になるわけではないのに。

車の運転ができれば、遠いところへ、速く・ラクに移動できて「生活の幅」が広がるからです。

プログラミングができるようになれば、今の仕事を速く・ラクに片づけて、「仕事の幅」を広げることができます。

「プロ」を目指す必要はありません。今の仕事をより豊かにするための「手段」、それがプログラミングです。

1週間のオンライン無料体験
いつでもどこでも今すぐ視聴OK