freee

【freee API×GAS】貸借対照表をスプレッドシートに出力する

freee貸借対照表をスプレッドシートに出力

こんにちは!もり(@moripro3)です!

今回は、クラウド会計freeeの試算表(貸借対照表)をスプレッドシートに直接出力するコードを紹介します。

CSVファイルを経由せず、直接書き出せるのが便利ですね!

連携アプリの作成・認証などの事前設定についてはこちらをご覧くださいね。

クラウド会計freeeアイキャッチ
【freee×GAS】Google Apps Scriptでfreee APIと連携認証する(サンプルコードあり)GoogleAppsScriptを使用して、クラウド会計ソフトfreeeのAPI連携が可能です。freee連携アプリの登録方法、認証方法、サンプルコードを紹介しています。...

貸借対照表をスプレッドシートに出力する

事業所のデフォルトの会計期間のBSをすべて取得するコードです。

 

スプレッドシートに出力(動画あり)

下記の2点がポイントです。

  • 出力先のスプレッドシートのシート名を、61行目getSheetByName(貸借対照表)と一致させておく(ここではシート名を「貸借対照表」としています)
  • 関数getBS()を実行する

それでは処理の様子をご覧ください!

 

今回紹介したコードは、デフォルトの会計期間の全データを取得するものですが、freee APIリファレンスによると、色々な条件指定(絞込)が可能のようです。

  • 発生月で絞込
  • 取引先IDで絞込
  • 品目IDで絞込

など

まだまだ改良の余地がたくさんありそうですね!

 

もり
もり
また別の記事で、色々な条件指定で出力する方法を紹介するよ~
非エンジニアもプログラミングを学習する時代!

「プログラミング」ってエンジニアとかプログラマーの人がするものでしょ?文系の私には関係ないや~って思っていませんか?

いまは、非エンジニアもプログラミングを学習する時代です!

「プログラミングの必修化」をご存知ですか?

  • 2020年~ 小学校で開始
  • 2021年~ 中学校で開始
  • 2022年~ 高等学校で開始
  • 2024年~ 高校受験科目に新設

学校での必修化に向けて、すでに子ども向けプログラミングスクールが多数開校されています。

あと数年もすれば、あたりまえにプログラミングができる新入社員がやってくる時代になります。

プログラミングってなに?どんなもの?まずは無料体験から試してみませんか?

 

1週間の無料体験あり!
オンラインスクール実績No.1!