VBA

【ExcelVBA】複数のExcelファイルの全シートを一括印刷するマクロ

shutterstock_756361510
ねぇもりさん、毎週の定例会議で資料をたくさん印刷してるんだ。
エクセルが10ファイル・それぞれ5シート。全部まとめて印刷できる方法ないかなぁ?
もり
もり
それなら、一括印刷できるマクロを作っちゃおう

複数のエクセルファイルの全シートを一括で印刷できるマクロを紹介します。

1つのExcelファイルの中に5シートあり、計10ファイルの場合、5シート×10ファイル=50シートが一括で印刷できちゃいます!

allprint8

指定ファイルの全シートを一括印刷するマクロ

印刷対象のファイルとは別の「新しいExcelブック」を作成し、その標準モジュールに貼り付けて使用してください。

※用紙サイズ、縦横xページなどのレイアウト設定の処理はいれてません。

マクロの使い方

マクロを実行すると「ファイルを開く」ダイアログが出現するので、印刷したいファイルを選択します。

  1. ShiftキーまたはCtrlキーを使用して、印刷したいファイルをすべて選択
  2. 「開く」を押す
allprint6

確認メッセージが登場するので、問題なければ「OK」を押します。

処理のポイント

ポイントは、配列インデックスの「最小値」と「最大値」を取得するLBoundとUBoundをFor文の条件にしていることです。

 

配列FileName(1~n)には、選択したファイルのフルパスが格納されています。

allprint7

 

WorkBooks.Openメソッドでファイルを一つずつ開き、PrintOutメソッドで印刷します。

Workbookオブジェクト.Sheets.PrintOutメソッド
→ワークブック内のすべてのシートを印刷します。

(おまけ)各ファイル1シートのみを印刷したい場合

1ファイルにつき1シートのみの場合は、VBAを使わずにサクッと印刷できちゃう方法があります。

エクスプローラー上で、印刷対象のファイルをまとめて選択し、マウスを右クリック→印刷でOKです。

allprint9

 

資料をたくさん印刷するルーチン作業をかかえている方は、一括印刷のツールを作っておくと使い回しができるのでラクちんですね!

2020年・小学校でプログラミング教育が必修化

2020年、いよいよ小学校でプログラミング授業が始まります。続く2021年からは「中学校」で開始。2022年からは「高校」でも導入されます。

あと何年かしたら、あたりまえにプログラミングを使いこなす新入社員が入ってくるかもしれません。2020年、大人も一緒に学んでみませんか?

1週間のオンライン無料体験
いつでもどこでも今すぐ視聴OK