Google Apps Script

WordPressのブログ記事一覧をCSV出力する(GAS×TwitterBot②)

GASでTwitterBotを作ろう2

こんにちは、GAS大好きのもり(@moripro3)です!

「Google Apps ScriptでTwitterBotを作ろう!」をシリーズでお届けしています。

このシリーズを通して作るのは、「自分のブログからランダムな1記事を取得して、タイトルとURLを、毎日指定の時刻に自動ツイートするBot」です!

前回は、TwitterDeveloperアカウントの作成とAPIキーの取得をしましたね。

TwitterDeveloperアカウントの申請とAPIキー取得(GAS×TwitterBot①)GoogleAppsScriptを使ってTwitterBotを作ろう!シリーズ第1回目は、Developerアカウント申請とAPIキーの取得です。Developerアカウント申請の日本語訳も付けてるのでご安心ください!...
モリ
モリ
「ブログからランダムな1記事を取得」って、どうやるんだ?
もり
もり
スプレッドシートに記事データの一覧を作って、GASでそのデータを取得するよ
モリ
モリ
ははーん、なるほどな
もり
もり
そこで、今回の記事では、Step3の①を紹介するよ
GAS×TwitterBotの5ステップ
  • 【Step1】Twitter Developerアカウントの申請(済)
  • 【Step2】アプリ情報を登録してAPIキーを取得する(済)
  • 【Step3】ブログ記事の一覧をGoogleスプレッドシートに作成する
    • ①WordPressの既存記事の一覧をCSV出力する ← 今回はコレをやるよ
    • ②新規投稿記事のタイトルとURLをスプレッドシートに追記する仕組みを作る(IFTTT使用)
  • 【Step4】GASでTwitterに投稿するスクリプトを作る
  • 【Step5】GASでスプレッドシートのデータを取得してツイートする

全体イメージの中の、下記の赤丸の部分ですね。

スプレッドシートに作成する記事一覧とは?

スプレッドシートに用意するデータの完成イメージがこちらです。

「記事タイトル」と「記事URL」を一覧化します。

モリ
モリ
ん?「既存」と「新規」って言われても…いったいどうやって作るんだ??
もり
もり
作業を2つに分けて進めていくよ。まずはStep3の①「既存の記事一覧」を作ろう!
記事の一覧を作成する2ステップ

【Step3】ブログ記事の一覧をGoogleスプレッドシートに用意

  • ①WordPressの既存記事の一覧をCSV出力する ← 今からコレをやるよ
  • ②新規投稿記事のタイトルとURLをスプレッドシートに追記する仕組みを作る(IFTTT使用)

既存の記事一覧を出力する

WordPressで作られているブログを対象として、手順を紹介していきます。

この作業ではプラグインを使用します。お使いのテーマ・他のプラグインとの相性・利用環境によって不具合が発生しても、責任はとれませんのでご了承ください。

不安な方はバックアップをとっておくことをオススメします。

専用のプラグインをインストール

プラグインをインストールして有効化します。

blogindex1-1

記事データをエクスポート

このプラグインを有効化すると、管理画面の左側に「新規エクスポート」が表示されます。クリック。

blogindex1-2

 

「投稿」を選択して、「エクスポートファイルをカスタマイズします。」をクリック

blogindex1-3

 

記事データの出力項目を指定します。デフォルトで指定されている項目はいったんクリアしましょう。「すべてをクリア」をクリック。

blogindex1-4

 

「フィールドを追加」をクリック

blogindex1-5

 

出力するフィールドを選択します。私はこの2つのみを選択します。

  • 記事タイトル:Title
  • 記事URL:Permalink
blogindex1-6

 

Title・Permalinkの2項目を出力する設定ができました。必要に応じて他の項目も指定しましょう。

blogindex1-7

 

画面下部で出力タイプを選択します。選択肢にエクセルもありますが、プラグインのPro版でないと不可です。ここではデフォルトのCSVファイルにします。

blogindex1-8

 

「エクスポートの確認&実行」をクリック(「高度な設定」は特にさわりません)

blogindex1-9

 

100%完了したら「CSV」をクリックしてダウンロードします。

blogindex1-10

 

OSの所定のダウンロードフォルダにCSVファイルがダウンロードされています。(Windowsの場合、PC > ダウンロード)

ファイル名「-Export-2019-February-15-1340.csv」※日時は出力時の値

CSVファイルの文字化けを解消する

ダウンロードしたCSVファイルを開くと・・・

blogindex1-11
モリ
モリ
おい、読めないぞ

大丈夫です!新規のメモ帳を開いて、CSVファイルを表示させましょう。

blogindex1-12

テキストで開くと文字化けしていません、上書き保存します。

※この時点で文字化けしている場合、対処法はわからないです、すみません。

blogindex1-13

再度CSVファイルを開くと、無事に表示されます!ちなみにPermalinkの/?p=xxは下書き記事です。

blogindex1-14

おつかれさまでした!これで既存記事の一覧が取得できました。

このCSVファイルは、今後の作業で使用するのでとっておきましょう!(あとでスプレッドシートに貼り付けます)

 

モリ
モリ
おい!これから新たに書く記事はどうするんだ?記事書くたびにスプレッドシートにペタペタ貼るのか?
もり
もり
まさか!それは自動化するよ!次の記事で紹介するね

シリーズ第2回目のまとめ

おつかれさまでした!

今回は全5ステップのうち、Step3の①を完了しました!

GAS×TwitterBotの5ステップ
  • 【Step1】Twitter Developerアカウントの申請(済)
  • 【Step2】アプリ情報を登録してAPIキーを取得する(済)
  • 【Step3】ブログ記事の一覧をGoogleスプレッドシートに作成する
    • ①WordPressの既存記事の一覧をCSV出力する(済)
    • ②新規投稿記事のタイトルとURLをスプレッドシートに追記する仕組みを作る(IFTTT使用) ← 次回はコレをやるよ
  • 【Step4】GASでTwitterに投稿するスクリプトを作る
  • 【Step5】GASでスプレッドシートのデータを取得してツイートする

次回はStep3②「新規投稿記事のタイトルとURLをスプレッドシートに追記する仕組み」を作ります!記事はコチラ▼

GASでTwitterBotを作ろう3
IFTTTでブログの新規記事のタイトルとURLをスプレッドシートに追記する(GAS×TwitterBot③)GoogleAppsScriptを使ってTwitterBotを作ろう!シリーズ第3回目は、IFTTTを使って、ブログの新規投稿記事のタイトルとURLをスプレッドシートに自動で追記する仕組みを作ります!...
非エンジニアもプログラミングを学習する時代!

「プログラミング」ってエンジニアとかプログラマーの人がするものでしょ?文系の私には関係ないや~って思っていませんか?

いまは、非エンジニアもプログラミングを学習する時代です!

「プログラミングの必修化」をご存知ですか?

  • 2020年~ 小学校で開始
  • 2021年~ 中学校で開始
  • 2022年~ 高等学校で開始
  • 2024年~ 高校受験科目に新設

学校での必修化に向けて、すでに子ども向けプログラミングスクールが多数開校されています。

あと数年もすれば、あたりまえにプログラミングができる新入社員がやってくる時代になります。

プログラミングってなに?どんなもの?まずは無料体験から試してみませんか?

 

1週間の無料体験あり!
オンラインスクール実績No.1!